スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
元気ボール(薬の飲ませ方)
下の子は現在4歳(男の子)

最近はだいぶ会話が成立するようになってきた。

彼が苦手なのが、薬。

水に溶いても、甘いゼリー(今はこんなこのが売ってる)と一緒に飲ませても、吐いてしまう。

『薬を飲む』という行為自体が体に拒絶反応を起こさせていると読んだ私は、こんな話をした。

<<君の体の中には『元気ボール』が入っている。そのボールはすごくおいしいので、悪者(バイキン)が食べに来る。そして、元気ボールを守っているのがヒーロー軍団。薬はヒーロー達のご飯だから、ご飯がないとヒーロー軍団はお腹が減ってやられてしまう。ヒーロー軍団に助けを送ろう>>

一発OKでした。

彼の気になるキーワードを埋め込んだら、薬は見る見るうちに喉を通過していきました。
スポンサーサイト

テーマ:育児のコツ - ジャンル:育児

【 2007/10/02 03:35 】

例え話 | コメント(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。