スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
火を吹く手(早くはしる)
もうすぐ息子(4歳)の運動会。

それなりの運動神経なので心配はない。

娘(8歳)は体の使い方があまり上手くなく、かけっこする後姿を目で追っては、ため息をついていた。

娘が年長さんの2年前、「どうしたら早くはhしれるの?」「どうしたら~ちゃんに負けない?」と、運動分野に関しての問いかけとしては珍しいほどの意気込みで尋ねてきた。

詳しいことは聞かないが、悔しい思いをしているのであろう事だけは分かった。

『かけっこの前に目をつぶれ。いつもセルフ給油を手伝ってくれているのを思い出せ。君の体にどんどんエネルギーがたまっていく。
そして目を開いた瞬間にエネルギーが手から吹き出る。

手が燃えている。手から火が噴出している。

火が体に燃え移らないように、手を思いっきり前後に振れ。手を振り続ければ熱くない』

そして、いつになく手を前後に振った娘は、三位になり、最高の笑顔をみせてくれた
スポンサーサイト

テーマ:育児のコツ - ジャンル:育児

【 2007/10/03 09:07 】

てきとー話 | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。